Beats初の人気沸騰中の禁断の完全ワイヤレスイヤホンPowerbeats Proレビュー。勉強熱心なあなたにつぐPowerbeats Proじゃなきゃいけない理由5選

 

 

 

 

どーもsakaです。

 

今回は最近になってようやく購入できた

powerbeats proってイヤホンに関して取り上げていこうと思います。

 

このpowerbeats pro皆さんお馴染みのappleが買収したbeatsが出したワイヤレスイヤホンです。(皆さんご存知でした???)

 

4月ごろから話が上がってて初めは5月発売って話でしたが、まず6月に伸びますやん

 

それでも出ないappleのapple storeってアプリにも商品自体は掲載されていたけど

なかなかボタンが青色にならない

 

何やら諸外国で先行販売してたみたいでその諸外国で光通信もびっくりの速さで品薄状態だったとのことで

どれだけいいもんなのかと

 

何やらairpodsの良さを引き継いでさらにその良さを倍以上にしたワイヤレスイヤホンみたいです(ほんとかな?)

 

それだけ聞くと

「どれだけ魅力的なんだ!」って思いますよね?

(僕はそう思っていました)

 

噂の情報から始まって諸外国での先行販売が始まって品薄になって

5月販売が6月になり

また販売が伸びそうになりそうな雰囲気がプンプン漂ってきて

7月も販売が伸びそうになるかん半端なかったんですけど

量販店の予約販売がスタートして4時間後くらいに青ボタンに変わって

ポチりました。

 

いやーすんごい長かったなー

まだかまだかと毎日レベルで電話して、5月販売が6月に変わったときは

さすがに待ちきれなくて

何度も何度も問い合わせしましたねー笑

どうせ売れるんだから何で先延しにしてるんですかーとか

 

そしてやっと手に入れました。

完全ワイヤレス高性能ハイスペックイヤホン

「powerbeats pro 」が手元に届いたので使用感を書いていこうかなぁと

 

これまでに他のイヤホンも使ってきましたが

これまで使ってきたイヤホンとは比べ物にならないくらい良い製品でした。

 

そんなpowerbeats proんおレビューをしようと思います。

 

 

 

PowerBeatsPro使ってみた感想

 

とりあえずすんごいよかったです。

したくないけどこれまでに持っていたイヤホンとさようならしちゃいそうですw

 

 

 

僕はイヤホンたくさん持っているんですけど、ながーく使っていたこともあってバッテリーの持ちが

なんかなーって状態になってました。

なんかあんまり電池持ちが・・・・

Powerbeats pro が発売される前も気になっていたイヤホンがリリースされていて

散々迷ってました。

 

ボクのイヤホンの利用用途は基本的に音声聞くためにあるのとリフレッシュするために

ランニングする時に必要なんですね。

 

今まで使っていたイヤホンだといらないタイミングで

SIriが作動しちゃってランニングの時ちょっと「ムムッ」ってなることもありましたし

 

友達いない僕の友達がより近くなった感じです。

他のイヤホンも性能としては良くなったけど

ときめかない

apple製品にときめかないのってすんごい久しぶりでこんなこともあるんだなーくらいに思っていました。

 

僕自身他のイヤホンをつけたままランニングしたことがあったんですけど

 

性質上2歩目にSiriが話しかけてくるんですよね。

 

ありがとう

ありがとう

 

反応してくれて嬉しいよ

でも今聞きたいことは何もないんだ

強いてゆうなら音声流れてるんだ、できる限り邪魔しないでおくれ

 

 

そしてホームボタンを押して再び走ると

Siriちゃんが話しかけてくるわけです。

 

Siriちゃんがあまりにも敏感なもんだから

他のイヤホンを使ってみても防水じゃないからsiriが反応しなくなっても

イヤホンそものが壊れるか壊れないかの不安が残るんですよね。

それだと気持ちよくランニングできなかったんですよね。

 

 

汗で壊れないかヒヤヒヤもんですよ

 

稼働時間が長くてフックがあるPowerbeats proには魅力しかなかった

Powerbeats proの予約販売の犯行声明が発表されてから僕の生活はおかしくなりました。

最初は5月販売

そして6月に延期

 

Powerbeats proに関して調べてみるとどの記事も高評価

欲しい

欲しい

欲しすぎる

 

 

そして海外では評判がよすぎる

 

Powerbeats pro以外のイヤホンはすでに販売されていて

Powerbeats proは予約販売かつ予約すらできない状態

まさにappleのイヤホンテロですよね

 

手に入るまで頭が痛かった

 

Powerbeats proの評判がよすぎた。だから3ヶ月も我慢した。

Powerbeats proってapple公式ページにも書いてある通り

ワークアウトにぴったりの高性能なイヤホン

この言葉に付け加えるとしたら

高性能でハイスペックなイヤホンでしょう。

実際に使っていてわかるんですけど

良い

とにかく良い

スッゲー良い

ちょーぜつ良い

 

てなことでこれから3ヶ月待ってPowerbeats pro – totally wirelessイヤフォンを購入した

僕が語るPowerbeats pro – totally wirelessイヤフォンを選ぶべき理由に関して

上げていこうかと

Powerbeats proを購入した方がいい理由

最長9時間の連続再生

この連続再生時間すごくよかったんですよね。

Powerbeats proを使う前にもイヤホンをたくさん使っていたんですけど

長く使うもんだからバッテリーの持ちが悪くなっていて

イヤホンを充電するスパンが短くなっていてそれのおかげでフラストレーションになっていたんですね。

辛すぎて

辛すぎて

 

 

そしてPowerbeats proを購入しました。

使ってみて思ったのがこれまでに使っていたイヤホンのバッテリーが消耗していたので余計

Powerbeats proの稼働時間の長さに驚きました。9時間も再生できますからね

12時ごろから喫茶店を梯子詩ながら気がつい位たら18時バッテリーの残りが

まだ半分もあるわけですよ

そりゃー違うって話ですよ。

 

調整可能なイヤーフック耐汗防沫仕様

汗にも耐性があるし

水の侵入を防いでくれる仕様になっています。

ボクランニングすると滝が流れるがごとく流れ流のでイヤホンをしながらランニングするとすんごいびくつきながら走るんですね。

あとこれまでに使っていたイヤホンが耳に安定しないのも難点でしたね

けどPowerbeats proは調整可能なイヤーフックもついているし汗にも強買ったんですよ。

 

濡れる恐怖からも解放されて思いっきり走れるっていいことばっかりかよ・・・・

 

 

僕的超大事なポイント左右両方に音量上げ下げ一時停止できるBeatsボタン

これまで使ってきたイヤホンにはなかった機能です。

これまでのイヤホンには音量を上げ下げするボタンがついてなかったおかげで

音量の上げ下げをしたいときは、スマホいじらないと行けなかったんですよね。

 

たまに満員電車に巻き込まれろことがあるんですけど周囲の人がうるさくて音量上げたいのに

それができない。

満員の時にカバンからイヤホンを取りたいだけなのに

周りに女性の方がいたら萎縮しちゃいませんか?

 

せっかく周りと「差」をつけることができるチャンスなのに

イヤホン本体に音量上げ下げする機能がついていれば解決できるもんだい

Powerbeats pro本体に音量を上げ下げするボタンがついています。

 

もう手放せないですねw

 

 

男性必見メリット!髭剃りやすくなる!

これに関しては、男性にしかわからない奴ですが

ヒゲがすっごい剃りやすくなります。

これまでに使ってきたイヤホンを使いながら髭剃るんですけど

イヤホンの本体が邪魔になって剃りたいところまで剃れずにいるんですけど

Powerbeats proって無駄な出っ張りがないんですよね

その仕様上今までそれなかったところまで剃れるようになって

すっきりしました。

 

 

Powerbeats pro – totally wirelessイヤフォンのデメリット!スティーブ・ジョブズがいたら3秒でお直しをさせる唯一の欠点

Powerbeats pro – totally wirelessイヤフォンを

 

入れるーーーーーー

 

ケースがーーーーー

 

デカすぎんだよーーーーー

 

サイズ的には現行のサイズじゃないとダメ何だろうけど

airpodsのケースと比べてみると

この部分ってこんなに分厚くなる必要なくない?

ジョブズがいたら間違いなく

オコ案件ですよこれは

 

Powerbeats proを実際に使ってみた感想

評判通りいいワイヤレスイヤホンでした。

がしかしケースがでかい。

でかい

デカすぎる。

設計的に仕方ない面もあるんでしょうけど

素人の僕でもわかる無駄なスペースの多さ

なんどもなんどもいうよ

スティーブが手に取った瞬間水槽にじゃぼんだよ

スティーブの強いこだわりでiphoneをここまで薄くできたんだ。

今度beatsがPowerbeats pro – totally wirelessイヤフォン以上の素晴らしい

製品を作るとしたらティムクックも関わってほしいと思うんです。

まだまだ改良の余地ありですね。

ぶっちゃけ無駄なところが多いって思うPowerbeats pro – totally wirelessイヤフォンのケースだけど本体のイヤホンはすごくいいです。

Powerbeats proの音質ってどうなのよ?

Powerbeats proのレビューを書いている人が総じて行っている

音質が最高って奴

僕はここは触れない。

僕が音質いいって行ったところで意味がないでしょう。

 

あーまた言ってるなー

ぐらいにしか思わないと思います。

僕の好きなアーティストのGacktさんが良いって行ったら本当に良いんだろうなーって思うんでしょうけど

僕がそんなことかいたって信ぴょう性のかけらもないわけです。

 

でもね

言いたくないけど言っちゃうわけさ

どっちだよって話だけど

音質はさすがbeatsって感じです。

 

youtubeでどの曲を聴いてもすんごいクリアに聞こえる

 

音の広がりが心地いいんですよね。

power beatsproの値段はいくら?

日本で発売されてから日が浅くてこれから値段が下がるかどうかなんてわからないけど

現時点でボクもこの記事を見ている人も一生涯の愛人にしたいくらい大好きな諭吉先生が2人と野口先生が8人くらいお空に飛んでいきます。

このイヤホンを買うためだけに毎日ガンバていたので金銭的な痛みっていうとそこまでなかったですね

powerbeatsproの色は何色あるの??

Powerbeats Pro アイボリー

Powerbeats Pro モス

Powerbeats Pro ネイビー

Powerbeats Pro ブラック

 

 

appleが好きbeatsが好きランニング大好き寝ながら音楽音声教材聴きたいって人にうってつけのワイヤレスイヤホンです。

僕もapple製品を愛用していますし。

関連してbeats製品も愛用しています。beats xもそうだし今回のPowerbeats pro – totally wirelessイヤフォンもそうです。

この製品をつけて運動していたらテンション上がりますし

バッテリーの持ちが動く良いので寝ながら音楽や音声やら聴き放題ですし

そういう人に向けては良い製品ですよね。

Powerbeats pro – totally wirelessイヤフォンもようやく出始めて街中で見かける乗ってあんまりないと思うし

 

浮気性の人はまだ買わない方がいいかも

浮気っていうのもPowerbeats pro – totally wirelessイヤフォンが待てないで他の製品に写っちゃう人ですよ。

僕は我慢して

我慢して

我慢して

3ヶ月くらい待った人なので笑

 

apple、beatsを愛用している人や物やお金を本当の意味で大切にしたい人向け

appleのイヤホンも高いです。

beatsも高いです。

 

でも高いと絶対に壊さないって思うし

そうやって物を大切にする気持ちが強ければ長持ちします。

僕自身3000円大のワイヤレスイヤホンを使っていたことがありますが

1週間程度で壊れました。

そんなもんだろうと思ってはいたけどapple製品やbeats製品のワイヤレスイヤホンに

出会ってからは、他のメーカーのワイヤレスイヤホンが僕にはあわなかったんだなぁ思いましたとさ

なのでapple、beatsを愛用している人や物やお金を本当の意味で大切にしたい人向けのワイヤレスイヤホンでしたとさ

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログではお勧めガジェットやおすすめツールなどを載せていますが

そのほかにもたくさんのメディアを運営しています。

外注さんと一緒に楽しく運営していて、知り合いからは

いくらで雇ってるのー?って聞かれて

僕がその金額を喋ると

ほとんど多くの人が驚きます。

  「何それ!?」

教えて!みたいな笑

  ちなみに僕はメールマガジンも配信していて

知り合いから

「何それ!?教えて!」って

驚かれたような情報から何まで色々惜しみなく伝えています。

もし興味があれば読んでみてください^^

  メルマガはリンク先から無料で読むことができます

登録したメールアドレス宛に感謝のメールとプレゼントを送らせていただいています。


  -------------------------------------------------------------------------------------------------

SNSでシェアすると良いことあるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

仕組み作ってメディア運営。 とりあえずやってみるかスタンスで運営してます。 ノウハウ=ビジネスと思い込んでたけど、戦略ベースに仕組みを作ることでで悪い状況から抜け出せました。 仕組みが145円の収益を生んでくれたからこれからは仕組みからキャッシュを生み出す