【ADHDの治療費100万円!?】堀江貴文さんの「多動力」読んでこの症状と向き合おうと思えた

ADHDを直すのに100万円!?堀江貴文さんの「多動力」読んでDHDを「改善」じゃなくて「向き合う」と思えた。だからこそ僕はこれからも学んでいこうと思う

 

 

どーもsakaです。

今回は僕が持っている一つの特性に関してお話ししようかと思い

この記事を書いています。

 

というのも僕はADHDっていう発達障害を抱えていまして

この症状って最近増え始めているのでだからなんだって話ですが

 

ネットによくいる僕私ADHDっぽいなぁとかいってる人とは違い

ちゃんとしたところで診断したので

マジの方です。

時折一般的な方がとらないような行動をとるみたいです。

(自覚ないけど)

 

細かくゆうとアスペルガー寄りのADHDで系統は

アメリカ系って診断を受けました。

(アメリカ系もクソもねぇだろというw)

 

そもそもADHDというのは

 

・不注意(集中力がない)

・多動性(じっとしていられない)

・衝動性(思いつくと行動してしまう)

 

 

っていう普通の人であれば抑えられる衝動が

理性で抑えられることができない・・・

そういう人たちなんです。

 

僕もそういった症状に悩まされていたんですよね。

僕の場合は、抑えられる衝動

・不注意(集中力がない)

・多動性(じっとしていられない)

・衝動性(思いつくと行動してしまう)

こういったものですね。

どうしてもやっちゃうんでネスよ。

 

その根底にあるのが

不安・心配性

 

・不安で心配だからこそ不注意になるし(集中力がない)

・不安で心配だからこそ不注意になるし多動性(じっとしていられない)

・不安で心配だからこそ不注意になるし耐えられなくなったら衝動性(思いつくと行動してしまう)

 

 

今のこの状況でなぜその話題を出す?

って空気の読めなさすぎる話題を振り撒いた結果

空気が凍りついたり

 

どうやってコミュニケーションをとっていいのか分からず

周囲に馴染めなかったり

興味のあるものに「だけ」は徹底的に追求

できますが、

それ以外のことは、ポンコツ

むしろまったくできない

ってざらにありましたね。

 

なのでコミュニケーションには苦労してきました。

だから変わってるね汗

って思われたことなんて星の数ほどありますからねw

(もはや聞き飽きました)

 

普通の人と違う特性を持って正直ぶっちゃけ行きづらい世の中で

専門の医療機関で直すことも考えたんですけど

費用が莫大すぎて無理な話でした。

 

 

どうしても

どうやっても

この症状と前向きに付き合っていくしかない

 

そう思ったんです。

 

ADHDって「障害?」or「個性?」

よくネットで書かれている議論ですね。

 

僕は、僕と同じくADHDを抱えている人がいたとしても

 

「障害」って悲観する必要なんてないんですよ。

 

前向きに生きることでそれは「個性」になり

後ろ向き生きるとそれが「障害」になると思うんですね

 

後ろ向きな人って自動車運転で例えると自分から

事故を起こしに行ってるようなもんじゃないですか?

自ら事故を起こそうとしてるんですよ?

 

飲酒運転している車に誰が近付こうと思うのか?

そんな人と関わりたいと思えますか?って話です

 

それでそれを人間関係に置き換えると

自分から周囲の人に喧嘩を売りに行くようなものじゃないですか?

 

そりゃー嫌われますよ

 

だからどれだけ辛いことがあっても

前向きに捉えるように意識しますし

こう思えるようになったのもきっかけがあるんですよね

 

歌舞伎町の帝王のローランドさんって知ってますか?

ローランドさんのYouTubeにアッコさんと対談している動画があって

その動画の中に

「後ろ向いて職場にいってみろ。

転ぶかもしれないし車に引かれるかもしれないし

何よりコスパが悪い。そんなの嫌でしょ?」

(こんなニュアンスってことです)

 

今まで前の向きに頑張っていきたいって思っても

絶対に茶化してくるやつがいる

それでそいつのせいで通常運転になることが多かったんですけど

その言葉を聞いてから

頑張ろうって思えたんですよね

 

僕みたいに物分かりが悪い人間にでも

簡単な言葉でわかりやすく心の奥底に突き刺さるような

言葉を作るローランドさんは歌舞伎町の帝王ではなく

言葉の魔法使い

だと思ってます。

 

 

人に対して

歪んで

僻んで

妬んで

 

人一人の人格を変える言葉を紡ぐローランドさんやばくないですか?

僕と同じ症状を抱えている人に送ります

きっかけになれたら嬉しいです。

ローランドさんの動画です。

9:29からが見どころですね。

 

そう考えると前向きになるってよくないですか?

 

前向きになろうと頑張ってまわりの人がチャチャいれることとか

あると思うんですけど

 

そんな人とは距離を置きましょう。

頑張る人に対してチャチャ入れること自体が

 

事故られてるってことなので

 

前向きになれれば周りの人にも認められて

それが個性になるんですから

いいと思いませんか?

 

マジでADHDっていうところから大幅に話ずれまくってますが

要するに前向きに考えればオッケーです!

ってことです

 

周りの人が1時間でできることが10時間ないとできない。マジでできない人だから努力しかで全部カバーしてやる。それしか生きる道がない。だから努力した

僕は一般的な偏りイライラして怒号や罵声を浴びせたくなるくらい

できない人間だっったので

それで僕は努力してきました。

周りが1時間でできることが10時間でもできな系の人間なので

僕が始めて物を売る仕事をやってみたときに

 

当然僕は全く何もできなかったんですよ

でもまわりの人はコミュニケーションがうますぎて一人取り残されて

聞いても全くわからない

コミュニケーションが上手い人下手な人が全くわからなくて

お客さんに対して物を売る前にコミュニケーションが取れないって

絶望的な状態で

 

その答えを求めるために僕は仕事終わりに違うお店に行き

トークを盗むために違うお店に行きましたし

コミュニケーション術を学ぶために

歌舞伎町のキャッチに自分から片っ端から

話しかけていきコミュ力を鍛えたのは懐かしいっすねー

(調子乗りすぎてメイウェザー急にガタイのいいキャッチのホームグランドに

攫われそうになったりしました)

 

 

自分なりに勉強したことを職場で実践すると

「なんかあいつ最近調子いいいね」って言われるようになりましたし

女性のお客さんからLINE教えてもらえませんか?

って言われるようにもなりました

普通に考えても個人の連絡先はご法度ですが

コミュ障から仕事なのに連絡先を聞かれるほどの進化したんですよね。

(何をどうすれば連絡先聞かれるんだ?っていい先輩からも言われましたw)

 

ピチューからピカチュウをすっ飛ばして一気に

ライチュウになった感じですかね

 

ADHDだから容量が悪いんじゃなくてシンプルに容量が悪くて

やらないと生きていけないっていう状況で

唯一できることが努力だけだったんですよね

その結果

今まで影の人間だったのにすげー楽しいんですわこれ

前向きに努力できてよかったですわ

やること全部空回り。周りができて僕ができないその理由がわからなかった。昔から気にかけていたADHDの診断を専門機関でやってきた結果発覚した事実とは?

昔からその気があるなーと思って

毎日調べてたんですよ

 

ネット上に

「ADHD診断」

「ADHD簡易診断」

 

出てきたやつ片っ端から試してみると

共感できる項目や該当する項目しかなかったので

「あーこれわかるわー」

「あーこれ毎日やってるわーわかるわー」

って片っ端からやってみたらどうやらその節しかない

 

それから脳波レベルで脳の動きを見てくれる専門の期間に行くことになったわけですよ

ADHDの著名人って

アインシュタインとか

スティーブ・ジョブズとか。

ジミー大西さんとか

おそらく2chのひろゆきさんとか

堀江貴文さんとか

 

とにかく皆さん有名ですよね?

 

僕も店内たちと同じ頭持ってるぜーいえーい

 

 

なんてゆうノリではなく

ADHDって診断されなかったら

マジでただのばか

 

っていうことが証明されてしまうので

病気なのかただのばかなのか確認しに行きたかったっていうのが

おっきかったですね。

 

実際にいってみると

暗くてどんよりして人生に絶望した人が行くのかと思っていたら

子連れがかなり多くて

実情がわかったような気がしました。

 

僕も診断してもらった結果

 

診断結果は

ADHDでした

(細かくみるとアスペルガーよりのADHDみたいでした)

ADHDにも種類みたいなのがあるらしく

僕はアメリカタイプ?に近いって話でした

(そこまでいくとマジわからんって話です)

とりあえず新生のばかでなかったことが分かっただけでも

一安心ですね

 

ばかであることは変わりないけどっっw

 

 

 

ADHDを直すのに100万円!?ADHDと向き合うために調べて唯一の心の光となり心支えになった堀江貴文さんの著書「多動力」でこの症状と向き合おうと思えた

それでそのADHDっていういわゆる障害に対して

治療って選択肢もあったんですけど

高い

シンプルに高いです。

 

6回通って頭に変な機械つけられて

仮にADHDっていうものが改善されたとしても

さらに頭悪くなったらどうすればいいんだっていう恐怖感があって

これからのことを考えてみると

やっぱり治療したほうがいいのかな?

いって思う反面

強烈な恐怖感が頭を包んだんですよね

そんなときに手にした堀江さんの著書「多動力」のおかげで

霧が晴れた感じが下なんですよ。

時代背景に一つのことしかしてないと結果的に積むような構造なので

違うことに手をつけられる人って

強いよね

 

そんなこんなで治療は諦めました

ADHDとは「障害」であり「個性」でもある。僕は生かしたいから個性にするために日々学んでいます

悲観的にしていてもしゃーないので

僕は前向きに生きることにしました。

 

だって容量悪くて頭悪くて根暗で卑屈な人って

誰も近付こうと思えないですよね。

 

だったら少しでも前向きに考えてみたほうが

いいしそうした方がコスパの良くなるなら

そっちの方がいいよね。

 

だからこそお金払って勉強するし

今も勉強しているし

最近なんかは仕組みや マーケティングの音声教材を聴きながらこうやって

ブログとかもやっているし

教材から学んで心理学系の本も読んだ結果

販売職の方で実績詰めてるし

僕みたいに現状何もできなくて自信なくて悲観的になっている人は

一歩でも前に進むために勉強位したほうが位ですね

 

人昔の僕みたいに

------------------------------------------------------------------------------
僕は業界の常識に「洗脳」されてて
ノウハウに右往左往されてきましたが
業界の常識に惑わされずに「非常識」の世界を
学んだら32円の初報酬が稼げました。
インターネットで稼げるって怪しい話だと思っていましたが
勉強してみたら「これはいけるな」って思えました。
結果的にプライベートにも仕事にも良い影響が出てきています。
正しい知識を学んで実践すれば稼ぐこともできるし
できるってことがわかっていれば自信にも繋がります
それで僕bichaが初報酬を稼いだ過程を下記の記事で公開しています。
------------------------------------------------------------------------------

SNSでシェアすると良いことあるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

仕組み作ってメディア運営。 とりあえずやってみるかスタンスで運営してます。 ノウハウ=ビジネスと思い込んでたけど、戦略ベースに仕組みを作ることでで悪い状況から抜け出せました。 仕組みが145円の収益を生んでくれたからこれからは仕組みからキャッシュを生み出す