外注物語 初めての外注〜それはすごく静かに終わった〜

どーもびちゃです。

%e5%a4%96%e6%b3%a8%e3%81%82

 

 

 

 

 

 

 

 

先程初めての外注をしました。

 

秒速で終わりました。

 

それも1分かからない。

 

逆に今まで雇用される立場だったから単価の相場がわからんからすげーこまる。

 

極端な話

1製品1000円

1製品500円

1製品300円

っていう条件があったとして

雇用する立場の自分からしてみると

やっぱり300円で書いてくれたら嬉しいけど

雇われる立場としては500円の仕事をやりたい

ここで1000円を選ばないかというと1000円って高いし高い分どのくらいのスキルを要求されるかわからないし

むしろ怪しい

だって仕事募集の広告に求人を上げるとして

女性

時給20000円

って書いてあったら超絶あやしいですよね。

援交も1案件で15000~20000で時給ではない

って言うことは富裕層の夜の相手?

はたまた◯分◯万円のリスクしか無い夜の仕事?

とか色々考えるわけです。

300円で仕事してくれぃ

------------------------------------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------------------------------------

SNSでシェアすると良いことあるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

仕組み作ってメディア運営。 とりあえずやってみるかスタンスで運営してます。 ノウハウ=ビジネスと思い込んでたけど、戦略ベースに仕組みを作ることでで悪い状況から抜け出せました。 仕組みが145円の収益を生んでくれたからこれからは仕組みからキャッシュを生み出す