【隙間時間に「差」が生まれる!?】「知識のネットフリックスDラボを作ったメンタリストDaiGoさんも使ってる!?」読書専用端末「Kindle oasis」を使ってみてよかった3つの理由

 

 

 

どーもbichaです。

 

今回は神コスパの読書ツール

「Kindle oasis」に関して取り上げていこうと思います。

 

 

これ使ってみて本当によかったですよ。

今まで使ってきた読書端末の中で今のところ一番使い心地がいいですね。

これまでに使ってきたのは基本はキンドルシリーズで

一番最初はペーパーホワイト使っていて

 

 

「キンドルヤベェぇぇぇぇ!」

「すぐ本読めるううううっぅぅ!」

 

って初めての読書端末だったので感動していたんですけど

 

 

使ってみてわかった

「ちょいと使いズレぇな・・・」

 

確かに便利何ですけど

 

なんだかぁな

なんだかぁな

なんだかぁな

なんだかぁな

 

なんか違うんだよなぁ・・・

 

確かに小さくて軽くて本読むのにこんなにいい端末は他にないんだけど・・・・

 

 

なんだかちょいと違うんだよなぁ・・・

 

使いやすい場面はあるんですけど

極めて限定的なんですよね

喫茶店とか自宅とか落ち着いて読める環境的な

ほんとに落ち着いて本を読める環境じゃないと

ペーパーホワイトは機能しないなーって正直思ったんですよ

実際に電車に乗っている時も立ちながら読もうと思ったけど

ちょっと怖いんですよね

そこでペーパーホワイトに変わるいいやつないかなーって

探してみてみつかったのが今回の

 

神コスパツールの

「Kindleオアシス」でした。

 

買って使ってみた感想としては買ってよかったです。

使いやすくてしゃーないですよ

 

Kindleオアシスはまさに「読書狂」にとってのオアシスだった。寝る時も電車でもプライベートでも

このKindleオアシスって電子書籍の端末はめちゃくちゃいいですよ

薄くて

軽くて

使いやすい

(まるでmacbookairや笑)

目に優しいライトを搭載しているから

寝る前でも読みやすいですし

端末自体が非常に軽いので

電車でももってこいで

それこそ好きな時間が生まれやすいプライベートでも

問題なく使えます

 

っ僕が使うタイミングは寝る前と

電車の中で

 

どうしても眠れない時に目を疲れさせることで入眠を促したり

電車に乗っていて読みたい本なりPDFを読むときに使ってる感じですね

 

 

僕も一昔前に、スマホゲームに熱狂していた時期があったんですけど

ビジネスの教材を頭に流し込んでみたら笑っちゃうくらい応用が効いたので

スマホゲー真珠に熱中していた以上に熱中して

正直飽きて消しちゃったんですよね。。。スマホゲームに

 

ゲームにハマる以上に仕事にもかせる心理の根本の音声を聞いている方が

僕にとってはゲームなんかより数億倍楽しかったんですよね

 

学んだこと絡ませるように仕事してみるとめちゃくちゃ

応用が効かせられて僕のトークで湯どうして

思い通りの結果を出すことができる悪率が高くなったんですよね

 

まじで何もできない給料泥棒の

ポンコツのお荷物だったので

お金払ってまで仕事に生かせる勉強ができてよかったと思います。

 

今ではスマホからゲームのアプリを全部消しましたし

もし仮にやりたくなっても

 

そもそも消しているから

最初からダウンロードしないといけないので

アプリ自体を入れるのに5分10分と体感時間がかかるんでネス

 

そんな時に自分に言い聞かせることが

 

「そこまでしてゲームやりたい?」

 

みたいに言い聞かせると

これから時間を使ってゲームやろうとしている自分が情けなくなって

 

アプリを閉じるっていう

とじたらダウンロードできないので最初からやり直しで

 

僕は昔ハマっていたゲームに対して

ゲームをやらない仕組みを取り入れてます。

 

だって音声教材聴きながら

仕事に生かして思うような結果を作る方がよっぽど楽しいし

こうやってアウトプットしている方が頭にも定着するし

教材読んだりPDF読んだりしてる方が楽しかったりするんですよね

 

 

Kindleオアシスを使うまでに「読書」に対してやってきた工夫とは?

 

これまでに読書をするためにいろんな工夫をしてきました。

本をたくさん入れるために容量が大きい鞄で持ち運ぶ

書籍を買って裁断してPDF化(スマホで読めるように)

 

本を5冊くらい入れるだけでも邪魔だしかさばるし

それにパソコン入れると重すぎて重すぎて腕がちぎれそうになるし

 

PDF化するために本を裁断したり

いらないコストがかかったりジミーにお金がかかり

 

Kindleペーパーホワイト買ってみても

電車の中でつかいずらかったりしたんですね

使用上仕方ないんですけど

 

これどうにかならんかな?って

 

初めての電子書籍キンドルペーパーホワイト使いやすいけど、使いずらい!?

使いやすい場面はあるんですけど

極めて限定的なんですよね

喫茶店とか自宅とか落ち着いて読める環境的な

ほんとに落ち着いて本を読める環境じゃないと

ペーパーホワイトは機能しないなーって正直思ったんですよ

実際に電車に乗っている時も立ちながら読もうと思ったけど

ちょっと怖いんですよね

 

書籍からKindleオアシスまでの変遷。僕は3つの魅力で「Kindle oasis」を使いようになった

 

Kindleオアシスは、Kindleペーパーホワイトと比べてみると

ベゼルが極限までに小さくなったので画面がすごく大きいです。

それゆえにめっちゃ読みやすいです。

あとはKindleペーパーホワイト以上に軽くて

読書ガチ勢向けの設計になっていて持ちやすいし

物理ボタンが追加されたのでページめくりがKindleペーパーホワイト以上に

楽になりました。

おかげで電車で立っている時も座っている時も持ち替えた時も読みやすくて重宝してます。

 

 

ページをめくる物理ボタンがあるのでページをめくるのも便利だし

状況にもよるけど電車の中

つり革に捕まりながら本を読む時に次のエージにまくるのって

一時的につり革から離れないといけない状況が生まれて

 

そのタイミングで周りの人に押されたら転倒して怪我しちゃうかもしれないですよね

もしかしたらJKにぶつかって飯ウマな状況になるかもしれないし

(ねーよ)

美人でスタイルのいいOLにぶつかられるようなウハウハな状況だってあるわけです

(うん、まじでねーから)

もしかしたら食パンかじったJKとぶつかる・・・

(それはゲームの中だけ・・・しかも道端・・・)

 

 

こんな感じで

「軽さ」

「使いやすさ」

「機能性」

 

の3点がとてつもなく

兎にも角にもすごい使いやすいんですよね。

 

っていうスタンスでどんな時でも教材に触れるっていう

仕組みを生活の中に落とし込んでいます。

 

 

Kindleオアシスはまさに「読書狂」にとってのオアシスだった

僕にとってはキンドルオアシスが今の所使いやすいですね

限定的な環境でしか使えないようなものよりかは

 

立っていても

座っていても

軽いし物理ボタンがあるからページもめくりやすかったり

しますね

 

なのでもしこれからキンドル系の読書端末を検討しているのであれば

キンドルオアシスがいいかなーって思いますねー

すごい使いやすいですからね。

これはおすすめです。

気をつけて欲しいのは

量販店では売ってないですね

 

売っていても

広告も出るとかめんどくさい系の奴しか置いてないので

買うならAmazonから買いましょう!

 

 

------------------------------------------------------------------------------
僕は業界の常識に「洗脳」されてて
ノウハウに右往左往されてきましたが
業界の常識に惑わされずに「非常識」の世界を
学んだら32円の初報酬が稼げました。
インターネットで稼げるって怪しい話だと思っていましたが
勉強してみたら「これはいけるな」って思えました。
結果的にプライベートにも仕事にも良い影響が出てきています。
正しい知識を学んで実践すれば稼ぐこともできるし
できるってことがわかっていれば自信にも繋がります
それで僕bichaが初報酬を稼いだ過程を下記の記事で公開しています。
------------------------------------------------------------------------------

SNSでシェアすると良いことあるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

仕組み作ってメディア運営。 とりあえずやってみるかスタンスで運営してます。 ノウハウ=ビジネスと思い込んでたけど、戦略ベースに仕組みを作ることでで悪い状況から抜け出せました。 仕組みが145円の収益を生んでくれたからこれからは仕組みからキャッシュを生み出す