【3年間の思い出】大好きなスマホゲームを断腸の思いでスマホから消した話

 

この記事の内容↓

・スマホゲーム消した話

・ゲームした後の〇〇感が猛烈に虚しい話→

・ゲームの時間が減ったら相対的に〇〇が増えた話→可処分時間

スマホから【ゲーム】を消したら【勉強時間】増えて仕事が充実した話

【再現性】

僕が盛っているスマホから

ゲームアプリを全部消去しました

そのおかげで勉強時間が増えました。

スマホのゲームも楽しいんですけどゲームが

終わった後に【虚無感】に襲われてなんだか時間無駄にしてんなと思ってました。

そんなもん消せば済む話なんですけど

 

意識すべき書き方

表層的欲求

中間的欲求

深層的欲求(LF8を参照)を恐怖で刺激する

→無関心(「結論」喋って興味を持たせる)

特徴「理想の未来の文章」

利点「理想の未来の文章」

使ったらどうなるのか?「再現性の文章」

興味づけして次の段階の好奇心に持ってく

 

→好奇心(「起」「承」今までの話・やってみてどうだった?)

「再現性の文章」

好奇心焚き付けて「めっちゃ欲」がある段階に持っていく

 

 

→恐怖(「結論」さぁやってみよう)

どうぞご覧ください

 

メインとなった出来事への対処

天国の世界(行動したことで変化した世界)「再現性の文章」

「再現性の文章」

「理想の未来の文章」

 

暇さえあれば、スマホゲーム【ツムツム】をの後の虚無感が虚しい

 

意識すべき書き方

表層的欲求

中間的欲求

深層的欲求(LF8を参照)を恐怖で刺激する

「再現性の文章」

「理想の未来の文章」

 

 

背景や事前情報

地獄(今までの自分マイナスだった自分)どれだけ再現性があるのか?

勉強時間を増やすために【断腸】の思いで消す覚悟をする

「再現性の文章」

「理想の未来の文章」

意識すべき書き方

表層的欲求

中間的欲求

深層的欲求(LF8を参照)を恐怖で刺激する

本題の導入分

出会い(アイテムを手に入れてどうしたのか?)「再現性の文章」

ゲームの【無駄】な時間を減らして【勉強】時間を増やした僕すると・・・

「再現性の文章」

「理想の未来の文章」

 

出来事や展開

どんな感情を抱いたのか?

 

人間の性質:人は恐怖したらすぐやる

加工技術 :

・恐怖させる(恐怖させると人は動く)

・同じことを何度も語る(何度も言われることって危機感が募るから)

 

 

人間の性質:人は「興味」を持っていないし読まない。なぜなら知らないから

加工技術 :興味づけをする(タイトルで使う)

→読んでもらうため

だからこそメリットを押し出して

「教え」なければならない

「理解して」もらわなければならない

「教育」しなければならない

 

人間の性質:人は何も知らない。勉強不足。人は迷う

加工技術 :

・選択肢を絞る(人を迷わせないため)

AではなくBであると語る(人を迷わせないため)

・二項対立を作る、比較して伝える(人を迷わせないで自分のところに誘導するため)

・仮想敵を批判する(潰す)(人を迷わせないで相手を潰し、自分のところに誘導するため)

・ワンメッセージで語る(人は迷うからいろんなことを語らない)

 

人間の性質:

・人は常に「理想の未来」を求めてるし「再現」したい。

・再現性がないと(極力)動きたくない。自分でできると思えないとやりたくない

・人は「希望」を感じると動く可能性が上がるし、「絶望」を感じると行動できなくなる

・理想の未来を欲しがらせて再現性を感じてもらえればオッケー

加工技術 :

・可能性を肯定する(可能性を否定したら「理想の未来」が0になり同時に「再現性」も0になる)これが「共感」につながる

・「再現性」を感じると「希望」を感じる(一気に脳みその快楽物質がでる感覚)

使える技術

→「理想の未来」:時間欲しい。綺麗になりたい。美しくなりたい。→「共感」

→「再現性」  :実現できるか。俺でもできるのか?絶対に消滅させちゃだめ。できると思わせる→「共感」

「希望」を感じると動く可能性も上がるけど「恐怖」を感じると余計に動く可能性も上がる

つまり「恐怖状態」まで「関心度」を誘導(マーケティング)できれば大抵のものは売れる

 

人間の性質:人は「感情的価値」で動く「機能的価値」では動かない。スペック言われても心は動かない。

加工技術 :感情的価値(理想の未来とベネフィット)を伝える必要がある

 

→ビジネスのノウハウで「ファン」にしていき

人間的なところで「共感」を抱いてもらう

「機能的価値」「感情的価値」をダブルで語ると

「ファン」になるし

「共感」もしてもらえる

 



①批判・避難・苦情をも言わない

(お客さんの「敵」を批判する)

仮想敵をディスりまくる

 

②自己需要感を与える

→役割を持つことで自分が重要だと思えるようになる。

→やればいけるじゃんと思わせる

→退屈な人は自己重要感を感じられないので感じさせてあげる

→相手に夢とか希望とか強い欲求を持たせてあげて

その際も批判もしないし非難もしない苦情も言わない

 

③強い欲求を起こさせる(欲情させる)

人を動かしたいならどんどん「欲求」を感じてもらう

「欲求」を感じてもらうためには

「教育」しなければならない。(教えてあげる)

「教育」することによって「再現性」を感じてもらう。(「再現」できると「希望」になる。)

 

「欲求」とは「理想の未来」である。

 

理想の未来を欲しがってもらうために

再現性を上げるために

・ポテンシャルを褒める

 

・現状がダメだと認識させる。

 

・断定する(再現性を上げるため)

→理由:迷わせない(迷っていると再現性が低くなる)

 

・ハードルを下げる(再現性を上げるため)

 

・再現性を上げるためには(簡易性)

→シンプル化

→わかりやすい

→単純化

断定(単純にすること)

共感を生むことで俺でもできると思わせる

それによりハードルを下げる。

こうやって再現性を上げることで希望になる

「希望・夢」を与える→自己重要感を与える

「自己重要感」与えるとその気になり

「その気」にさせる=「欲求」が生まれる

 

 

結(まとめ)

→無関心(「結論」喋って興味を持たせる)

特徴

利点

使ったらどうなるのか?

興味づけして次の段階の好奇心に持ってく

 

→好奇心(「起」「承」今までの話・やってみてどうだった?)

好奇心焚き付けて「めっちゃ欲」がある段階に持っていく

 

→欲望(「転」)

それができないと死んでしまうレベルの恐怖に持っていく

 

→恐怖(「結論」さぁやってみよう)

どうぞご覧ください

 

メインとなった出来事への対処

天国の世界(行動したことで変化した世界)

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

SNSでシェアすると良いことあるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

仕組み作ってメディア運営。 とりあえずやってみるかスタンスで運営してます。 ノウハウ=ビジネスと思い込んでたけど、戦略ベースに仕組みを作ることでで悪い状況から抜け出せました。 仕組みが145円の収益を生んでくれたからこれからは仕組みからキャッシュを生み出す